デフレ社会にどう対応すればよいだろうか①

中部地方の賃貸不動産と関東、関西と大きく違うことがあります。

入居総額が大幅に安価であることです。

名古屋市内の家賃は、少々例外ですが、それでも東京や大阪に比較すれば安価でしょう。

ここでは、名古屋市内ではなく、郊外の家賃の相場と入居総額のことです。

家賃の相場が、一段と安くなっている以外に入居総額が、安いですよ。

更新手数料0
敷金0
仲介手数料50パーセント

15年ほど前の2LDKの物件が、65000円が、50000円前後に!

入居総額が、35万円から45万円が、17万から22万円へ


お部屋をお探しの方々は、ラッキーでしょう。

でも、実際にラッキーと思っているユーザーさんは、すでにいない

これが、相場になっているからです。

大家さんが一番の被害者で露頭に迷われている方も少なくない。


建築ラッシュに拍車をかけ

賃貸仲介不動産会社の乱立

お部屋探しの方々の減少


リーマンショック以降がひどい

立ち直っていない

このデフレ社会の動向が心配です。

一概にダンピングとも言えなくなっています。

安くて良いものを提供できうる会社だけが、生き残ってくる。

淘汰の時代にまっしぐらです。